長崎くんち 油屋町川船通信油屋町川船の記録と酔太郎の独言

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
油屋町の井戸その後 16:14

7月31日井戸の深さは3メートルほどになっています。

井戸の中からは、先日発見した擬宝珠の後、以前は蓋だったのではないかと思われる石がたくさん出てきました。

 

gazou1

 

そして夕方ごろ、いよいよ「水」が出てきました。 とても冷たい!

 

gazou2

 

水は、どんどん湧き出てきているのですが、途中に穴があってどこかへ(昔は油屋町の方へ流れていた)今も流れている様です。

 

発掘は一応これで終わりにして、上に蓋をしてしまいます。 状況をご覧になりたい方はこのブログにコメント下さるか、お問い合わせからメール下さい。

300年前の人の井戸ほり技術は素晴らしいものがあります。


 

| - | comments(0) | - | posted by kawafune - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>